歩兵部隊が多数のドローンを活用して偵察活動、「攻撃型群集可能戦術プログラム」の第2次事業に着手…DARPA!

1: ばーど ★
 《 米国防高等研究計画局(DRAPA)が、「攻撃型群集可能戦術(OFFSET:OFFensive Swarm-Enabled Tactics)プログラム」の第2次事業に着手する。

 OFFSETのコンセプトは、複雑な都心環境で敵と対峙している歩兵部隊が、250台以上のドローンと自律型地上ロボット(UGSc)を活用して、敵を検出・偵察活動を行うというもの。言い換えれば、群集自律性、人間-群集ロボット間の協力を通じて、歩兵部隊の戦力を支援するというものだ。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。


http://roboteer-tokyo.com/archives/12240
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1523010072/

続きを読む

フォローする