戦艦「大和」とともに沖縄特攻した随伴駆逐艦「磯風」…鹿児島県沖の水深約440メートルに!

1: ガーディス ★
 《 太平洋戦争の末期、沖縄への海上特攻に向かう戦艦「大和」とともに沈んだ随伴艦らしき船が、鹿児島県沖の水深約440メートルの海底で見つかった。

 2016年5月、総合海事会社が探査。今年2月、専門家がその位置や映像記録を基に、駆逐艦「磯風(いそかぜ)」の可能性が高いとの見解を示した。沈没から73年。磯風の元乗員たちの心には、いまも最期の姿が焼き付いている。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。


http://www.asahi.com/articles/ASL463VS4L46PITB00M.html
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1523913830/

続きを読む

フォローする