Windows 10春の大型アップデート「April 2018 Update」、4月30日に配信開始

米Microsoftは4月27日、Windows 10の大型アップデート「April 2018 Update」を発表した。

2018年4月30日に無料ダウンロードで配信を開始する。

April 2018 Updateは一般ユーザー向け配信を前に発覚したバグ問題により、一部では4月中の配信開始が危ぶまれていたが、何とか4月末に間に合った格好だ。

同社によると、クリエイティビティの発揮をテーマに「Creators Update」と名付けた過去2回の大型アップデートに対して、April 2018 Updateは「プライベートや仕事において、ユーザーが大切にしていることのために使える貴重な“時間”をさらに作り出す」ことに注力したという。

時間を有効に使うための「タイムライン」と「集中モード」

それを象徴する新機能が「タイムライン(Timeline)」だ。Windows 10搭載PCで行った作業を当日、先週、数週間前など、過去30日までさかのぼって時系列でたどって再開できる。また、Microsoftアカウントにサインインした状態であれば、iOSやAndroidデバイスからEdgeやOffice 365で行った作業を、Windows 10搭載PCに切り替えて再開することも可能だ。

これにより、「ドキュメントを作成したのに、メールやフォルダをいくら探しても見つからない」や、「以前に見たお気に入りの写真や動画をどこに保存したのか覚えていない」といった探し物にかける時間を大幅に削減できるという。もともとはFall Creators Updateに搭載される予定で搭載が間に合わなかった機能だが、April 2018 Updateでようやく使えるようになった。

ユニークな新機能としては、作業の集中を阻害しがちなSNSの利用を抑制する「集中モード(Focus Assist)」も搭載する。これをオンにすると、SNSの通知が止まるので作業に集中できるという…
続きはソース元から
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1804/28/news016.html

https://blogs.windows.com/japan/2018/04/27/windows10_april_2018_update_announcing/

タイムライン紹介動画

集中モード紹介動画

続きを読む

フォローする