【韓流】「キム(海苔)」料理の発祥地は韓国、日本より少なくとも1200年先だと判明

1 : 名無しさん@涙目です。 :2017/12/27(水) 23:39:03.61 ID:0FgqBgJZ0●.net BE:369912844-2BP(2000)

[企画]「Gimさん、韓流をよろしく!」-錨上げ「1兆輸出」(上)
韓国キム、日本より少なくとも1200年先に登場…アジア越え欧米でも成功的定着

※キム=「海苔」のこと。

▲見ただけで温かいご飯一膳を思い起す韓国の調味海苔。

▲海から引き上げたキムを乾燥させる作業中の漁民。

(省略)

<「キム料理」の発祥地、韓国>

韓国は全世界の「キム料理」の発祥地である。三国遺事には、新羅21代王であるショウ知麻立干(在位479~500年)時代に既にキムを食べたという記録がある。

我が国と同じく主要キム消費国である日本ですら、18世紀前半から中盤頃の江戸時代になってようやく、キムが記録に初めて登場する。我が国は日本より少なくとも1200年先立ってキムを食べ物にし始めたわけだ。

「キム」という名称は1640年、最初にキム養殖に成功したキム・ヨイク(1606~1660)先生の姓に由来したという説がある。全羅南道光陽には現在、彼が初めてキムを養殖した場所であるキムの始殖址がある。 全羅南道はここを記念物第113号に指定して管理している。

最初の発祥地だけあって、韓国キムは世界最高の品質を誇る。特に日本で韓国キムは、通常のアイドルグループを凌ぐ旋風的な人気を集めている。 仁川空港などでは、両手いっぱいに韓国のキムを沢山持って出国する日本人の姿を見つけることは難しくない。 韓国人が日本人にあげる最高のプレゼントは韓国キムという言葉もある。

ソース トゥデイコリア(韓国語)
http://www.todaykorea.co.kr/news/view.php?no=250194


続きを読む

フォローする