【国会】民進党と希望の党  審議拒否の中 パワハラ規制法案 参院に提出


民進党と希望の党は27日、働き方改革関連法案の対案の一部に当たる「パワハラ規制法案」を参院に提出した。両党を含む野党6党が審議拒否を続ける中での法案提出について、希望の岡本充功衆院議員は記者会見で「参院は審議は止まっているが、与党が強行していないので提出した」と説明した。


ソース:https://mainichi.jp/articles/20180428/ddm/005/010/124000c

フォローする