Q.「どんな人が、がんになりやすいの?」→ タバコ、ウイルス感染、飲酒、糖尿病もリスクになります。

Q2 どんな人が、がんになりやすいの?――がんにまつわる素朴な疑問 Q&A (文春オンライン) – Yahoo!ニュース

~(略)~

A2 タバコ、ウイルス感染、飲酒、糖尿病もリスクになります。

 国立がん研究センターなどの研究によって、どんなことが日本人のがんの要因になっているか、ある程度明らかになっています。それを見れば、どんな人ががんになりやすいのかがわかります。
 
 第一が「タバコを吸う人」です。男性がとくに高く、がんの要因に占める喫煙の割合は29.7%と算出されています(女性は5%)。タバコが「肺がん」の原因になることはよく知られていますが、「胃がん」「食道がん」「肝がん」「膵がん」「頭頸部がん(口腔がん、咽頭がん、喉頭がんなど)」「膀胱がん」「子宮頸がん」、そして「全がん」のリスクを上げることが「確実」と評価されています。また、受動喫煙の害も無視できません。自分だけでなく家族を守るためにも、喫煙者はぜひ禁煙にチャレンジしてください。

 次が、がんを引き起こすウイルスなどに「感染している人」です。がんの要因に占める感染の割合は~(略)~
 
続きはソースで↓
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180116-00005796-bunshun-life

続きを読む

フォローする