「電車内の緊張感がすごい」 元AKB48・松井咲子が遭遇した恐れ知らずの子どもに「純真無垢ゆえ残酷」「そこで神対応で返せるか」と反応集まる

子どもは無邪気なゆえに時として大人よりも心に刺さる言葉を発してしまう生き物のこと。

元AKB48メンバーでタレントの松井咲子さん(@skc1210)が電車内で遭遇して出来事をツイートしてさまざまな反応が集まっています。

電車内、純粋無垢なこどもが淡いピンクの服を着たおねえさまを指さし「ぶたさん!」と言っていて緊張感がすごい

松井さんのツイートには、「沈黙が痛そう」「純真無垢ゆえの残酷さは異常」「悪気はないけれど罪深い」といった声のほか、「親は何をしているのか」「子どもの前で変な言葉は言えない」といった意見も。

一方でこういった子どもに対してどういう返しをするのが良いのか、といったことを考えるユーザーも。

そこで「ブーブー」と神対応で返せるか、おねえさま

誰がぶたやねん、、、ホンマや!
これですべて解決する

「絶対笑ってはいけない」空間に車内を一変させた子どもの一言。そこで大人の度量を見せるのか、キツーイ制裁を与えるのか……。とにかくその不意打ちにどう対処するのかでその人の性格がわかりそうです。

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/skc1210/status/954557479404253185 [リンク]

フォローする