低所得層の学生、国立大の授業料を全額免除へ 政府方針


5日に公表された政府の「骨太の方針」の原案には、消費増税分を使って大学など高等教育の負担を軽減する具体策が盛り込まれた。年収380万円未満の低所得層の学生向けに授業料を減免するほか、給付型奨学金を拡充する内容で、2020年度から始まる。


ソース:https://www.asahi.com/articles/ASL655J34L65UTIL03Y.html

フォローする