この可愛さと美味しさでこの値段! メリーチョコレートの2018年新作は即買い必至

1月も今日で終わり。ということで、街は次第にバレンタインデームードとなってきました。皆さん、目星はつけましたか? 1950年創業、おなじみの「メリーチョコレート」から即買い必至の新作が登場しました。

その名も「chocolate に fruits を」

img_1278

まずはこのパッケージ! フルーツがデザインされたカラフルなボックスが可愛すぎます。可愛いのにシンプルでオシャレ。チョコレートを食べた後も小物入れに使いたいですね。

s__26607651

2018年のメリーチョコレートのバレンタインコンセプトは「時間(トキ)を楽しむバレンタイン」。この「chocolate に fruits を」には、メリーチョコレートが長い歴史の中で培ってきた技術で“フルーツ&カカオ”を新鮮に表現しています。

img_1285

「国産フルーツのトリュフ」には、巨峰、とちおとめ苺、伊予柑の3つの味が登場。チョコレートに国産フルーツを混ぜ込んで作ったガナッシュがとっても柔らか。中に果汁や身が入っているタイプではなく、チョコレートにフルーツが練りこまれていて、一口食べれば香りがふわっと広がります。

特に注目の巨峰は「ぶどう味ではなく巨峰味」にこだわったそうで、食べたら納得。これは巨峰です! ぶどうの中でも特別感のある巨峰とチョコレートの組み合わせはとても贅沢。「国産フルーツのトリュフ」は2個入りで702円(税込)です。

img_1279

「チェリーブランディ」は山形県産のさくらんぼを使ったメリーチョコレート自信の一品。バレンタインシーズンにあわせて6ヶ月さくらんぼをブランディに漬け込み、一粒一粒ショコラティエがチョコレートでコーティング、と、とてつもなく手間がかかっているのです。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

フォローする