PCの平均的な使用年数は5年以上、3割は8年を経過との調査結果

Avastの調査によると、世界中で使われるPCの平均的な使用年数は5年以上で、3割は使用開始後8年を経過してるという。

セキュリティソフトウェアを提供するAvastが1月30日までに発表した調査によると、世界中で使われるPCのうち、2015年以降に購入されたものは10%。28%近くは使用開始後8年以上経過しており、大多数は2010~2014年に生産された、プロセッサが「Core 2 Duo」時代の製品という。調査対象の1億5500万人のユーザーの全PCの使用年数の中央値は5年をわずかに超える程度としている。

https://japan.techrepublic.com/article/35113949.htm

https://blog.avast.com/jp/pc-trends-report-top-7-facts-about-pcs-in-2017-1

続きを読む

フォローする