「あたまのわるいひと」は誰のもの? 元ネタ主の苦言ツイートから議論展開

2017年のネットを席巻した「頭の悪い人」。元ネタはみるこんさん(@micorun)が描いた「頭の良い人と悪い人の物の見方の違い」というマンガ。

このマンガから、別のユーザーが次のような二次創作が出たことから、「頭の悪い人」のイラストが流行することになりました。

この「頭の悪い人」のキャッチーさから、『LINE』スタンプやグッズも発売されていますが、それについてみるこんさんが次のようにツイート。

*「あたまのわるいひと」の商品について*

写真の商品は全て無許可・無断で販売されているものです。
元ネタを投稿した身としてはかなり心苦しいのですが、キャラクターの権利は私には無いので、現状は黙って見過ごすことにします。

このツイートには、「知らないで買ってしまった」という反応が続出しましたが、一方で「元ネタはそれでもばななの方はみんな別物として見てる」「キャラ自体を描いたのは別の人だから権利がないのでは」といった疑問の声も上がっており、「似たようなキャラは昔から欧米にあった」という指摘も見られました。

ほかにも「許可や権利とまでいかなくても、報告はするべきでは?」「権利どうのこうのの前に単純にムカつく」といった意見もありました。

この件に関して、あるユーザーは次のようにツイート。

みこるんさんは同一性保持権を主張し二次創作(一部を「あたまのわるいひと」に改変されたイラスト全体)を禁止することは可能。

今回商品化されたものは「元の著作物の表現が残存しない程度まで改変」された別個の著作物なので、同一性保持権の問題は生じないと思われる(パロディ事件の判例同旨)

ネット上から生まれた「頭の悪い人」。こういったもので商売をする際はグレーゾーンが多いので、買う側としても注意が必要だといえるのではないでしょうか。

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/micorun/status/960121657028259845 [リンク]

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

フォローする