法人向けなら日本メーカーのパソコンを選ぶべき?手厚いサポートなど様々な利点が

昨今の日本メーカーPCは情弱扱いされがちだが、法人向けパソコンは個人向けパソコンとは同列とは言い難いという。

高性能なスペックや華々しいデザインなどが重視される個人向けパソコンに対して、企業が導入するパソコンは異なる評価軸がある。

企業では、評価/調達/運用/廃棄など一連のライフサイクルに沿ってパソコンを導入していく。数百台から数千台の規模での導入になれば、一括して購入することはまずなく、数ヵ月から十数ヵ月の期間を掛けて段階的に導入を進めていくのが普通だ。

3大トラブルが発生していない率、トップは……
週刊BCNの調査によると、VAIOは導入企業からバッテリー、液晶画面、キーボード、起動・電源、Wi-Fi接続などのトラブルが発生していない割合が非常に高いという結果が得られたという。

また、サポートに関する評価も1位になるなど、満足…
続きはソース元で
http://ascii.jp/elem/000/001/707/1707168/

続きを読む

フォローする