Twitter、コスト削減が功を奏し上場後初の黒字に

米Twitterは2月8日、2017年第4四半期(10~12月)の決算を発表した。2013年の株式公開以来、初めての黒字になったという。

ジャック・ドーシーCEOは電話会見で、28%のコスト削減が奏功したと語った。

売上高は前年同期比2%増の7億3200万ドル、初の純利益は9108万ドル(1株当たり12セント)。前年同期は1億6700万ドル(1株当たり23セント)の赤字だった。株式報酬費やTACコストなどの特別費用を除いた非GAAPベースでは1億4140万ドル(1株当たり19セント)の黒字だった。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1802/08/news135.html

続きを読む

フォローする