日本オラクルCEOがスーツを5着しか持たない理由とは

日本オラクルのフランク・オーバーマイヤーCEOは、スーツを5着しか持たないという。

――シャツにカーディガン、パンツとすべて黒ずくめですね。

「黒が好きなんです。今日、着ているのはイタリア製のシャツですが、自宅には同じものが50着あります。母国ドイツで洋品店を営む友人が7年前、勧めてくれたものです。スリムな仕立てが私の体形に合い、気に入りました。最初に5着まとめ買いし、その後も仕事の関係でドイツと米国の2カ所に拠点を置く生活が始まったため、新たに買い足しました。そんなこんなで50着まで増えました。サイズ、色とも全部一緒です」

――黒がお好きな理由は何ですか。
「ミニマル(最小限)なもので暮らしたり、質素で気取らなかったりという意味の『ミニマリスト』や『シンプリシティ』という単語があります。その2つの言葉は私という人間を的確に言い表しているように思うのです。ミニマリストであり、飾ることなくシンプルな生き方は私の理想であり、目指すべき自己スタイルでもあるのです。その2つの言葉をイメージさせる色。それが私にとっては黒なのです」

ワードローブを断捨離 スーツはわずか5着に
――昔から今のスタイルを貫いてこられたのですか。

「違います。実は今から7年ほど前、自宅のワードローブを大胆に断捨離しました。今はスーツが5着しかありませんが、それまではその5倍、全部で25着も持っていました。色味も今と違ってもっとカラフルなものが多かったのです」

「これまで私は、デル、ヒューレット・パッカード(HP)などでキャリアを積んできました。その中で『周囲や前任者とは違うことをやらないと評価されない』ことを学びました。7年ほど前といえば、私自身のキャリアの転機とも重なります。担当部門にとどまらず、広く会社経営全般に目配りしないといけない立場に変わりました」

「ビジネスリーダーの一人として、自分がどうありたいか。それを周囲に理解してもらうにはどうするか。そのための手段として、それまで膨大だったワードローブの中身を一気に絞り込み、黒基調のカジュアルファッション主体の今のスタイルに変えることにしたのです。もともとフォーマルスーツは好きじゃなく、ネクタイはそれからはほとんどしなくなりました」
以下ソース
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO26297940Q8A130C1000000

続きを読む

フォローする