若者のFacebook離れが加速、Instagramに移行か

Facebookが若いユーザーの間で急速に人気を失っていることが、eMarketerの調査で明らかになった。

調査会社eMarketerによれば、アメリカの12~17歳のFacebookユーザーは、2017年に9.9%、数字にして約140万人減少し、1,210万人になったとのことです。25歳以下まで広げると、アメリカだけで約280万人がFacebookの利用をやめています。

中略

ただし若いユーザーが減少しても、アメリカ全体のユーザー数は、今後数年間は増え続けるとeMarketerは予測しています。しかしそれよりも注目すべきなのは、Facebook傘下のInstagramが急成長していることです。同社はアメリカのInstagramユーザーは今年13%増え、約1億500万人に達すると予測しています。Facebookにしてみれば、Facebookのユーザーが減少しても、Instagramが成長すればマイナス分を相殺できます。
以下ソース
https://iphone-mania.jp/news-202724/

続きを読む

フォローする