プログラミング教育の必修化、本当に必要?かえって遠ざけてしまう可能性も

2020年から小学校で必修化となるプログラミング授業。しかし、識者からは「創造性」を養うには不十分であるとの声も上がる。

そんな折、日本では2020年から小学校の授業においてプログラミング教育が必修化されます。ところが、現状のプログラミング教育は逆効果かもしれません。

文部科学省はプログラミング教育を通じ、言語ではなく論理的思考を学ばせると説明しているのですが、プログラミングができたからといって論理的思考が身につくわけではありません。それにプログラミング教育は本来、子どもの創造性を伸ばすために実施されるべきです。

また、教育現場で利用される見込みがある「スクラッチ」をはじめとした言語ベースのツールは、「大人が使うプログラミング言語を子ども用に優しくした」だけです。文字と言語の抽象化の概念が理解できるようになってやっと使えるものであり、小学校低学年や未就学児には難しいでしょう。

これではかえって、子どもをプログラミングから遠ざけてしまう可能性すらあります。子どもに学ぶ意欲があっても、プログラミング嫌いの子どもを増やして社会的なリターンが少なくなってしまっては逆効果です。

言語ベースのプログラミングが悪いわけではありませんが、子どもが勉強する楽しさを持ち続けるためには、現状のプログラミング教育では不十分でしょう…
続きはソース元で
http://toyokeizai.net/articles/-/202993

続きを読む

フォローする