【仮想通貨】Zaif、不正アクセスでビットコインなど約67億円相当流出


テックビューロ(大阪市)が運営する仮想通貨取引所「Zaif」は9月20日、ハッキング被害を受け、同社が管理する仮想通貨の一部を流出したと発表した。被害額は約67億円相当と見られ、現在確認を急いでいる。金融庁と捜査当局に報告し、調査や顧客資産の財源確保に努めているという。


ソース:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180920-00000018-zdn_n-sci

フォローする