20万円の新型iPhoneは売れるか?Appleの高級化路線が受け入れられるかどうかは不透明

携帯大手3社が21日、米アップルのiPhoneの新型モデル「iPhone XS/XS Max」を売り出したが、最上位モデルは20万円近い。格安スマホがじわりとシェアを伸ばす日本市場で、アップルの高機能・高級化路線が受け入れられるかどうかは不透明だ。

XS(記憶容量64ギガバイト)は、昨年発売されたX(テン)とほぼ同水準の12万~13万円台だが、画面が一回り大きいXS Max(同512ギガバイト)はソフトバンクで19万2960円だ。迫力ある大画面でゲームや動画を楽しめるのは魅力だが、21日早朝にXSを購入した男性会社員(32)は「20万円はない。高過ぎる」と語った。

かつて日本人はアイフォーン好きと言われたが、現在は変わりつつある。今年夏にMMD研究所(東京)が携帯端末向け基本ソフト(OS)のシェアを年齢別に調べたところ、30代以上の男女ではいずれも米グーグルのOS「アンドロイド」が、アップルの「iOS」を上回った…
続きはソース元で
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180921-00000160-jij-bus_all

続きを読む

フォローする