iPhoneの2019年モデルで不評の「ノッチ」が消滅か

2019年に登場するiPhoneでは、不評のノッチ(上部の凹み)を完全になくすための対策が取られているという。

韓国のIT系メディアであるetnewsが報じた内容によると、AppleはiPhone X登場から2年後にあたる2019年に発表するiPhoneにおいて、ノッチを廃止して完全に画面が本体前面を覆う端末の実現に向けた開発を行っているとのこと。etnewsは関係者の証言として「Appleは2019年以降のモデルからはノッチを排除することを決め、関係各社との話し合いを進めています。Appleは、新しいiPhoneを完全なフルスクリーン端末にする方針を立てているようです」というコメントを掲載しています。

ただし、これを実現するためには、物理的に配置しなければならないFace ID用のセンサー類の画期的な扱い方が求められることになります。iPhone Xの上部にはFaceTimeカメラや受話スピーカーのほかにFace ID用の赤外線カメラや投光イルミネーター、ドットプロジェクタなどいくつものデバイスが内蔵されています。技術革新によってこれらを統合したとしても、何らかの方法で赤外線ドットを照射して顔の凹凸を読み取るための装置を配置する必要があります。

etnewsはこの解決策として、「画面に小さな穴を開けてデバイスを配置する」という方法と、「ブラックマトリクス」と呼ばれる構造を用いる方法を挙げています。

https://gigazine.net/news/20180308-2019-iphone-no-notch-screen/

続きを読む

フォローする