【米朝首脳会談】日本政府、置き去り懸念 電撃発表「寝耳に水」「展開が早い」


トランプ米大統領が北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と5月までに会談するとの電撃的な発表は、日本政府にとって「寝耳に水」だった。安倍晋三首相は発表直前に大統領と電話会談し、日米の結束をアピールしたが、政府内では日本だけが置き去りにされかねないとの懸念も出ている。


ソース:https://www.jiji.com/jc/article?k=2018030901279&g=pol

フォローする