暇つぶしのおもちゃにしては目が回る Kickstarterで集めた金額には目を見張る『VORTECON』

人間の本能的なものなのか、オフィスや学校で“手持無沙汰な時”に何気なくペン回しをしている人は昔からよく見かけます。最近だとハンドスピナーで手持無沙汰を解消、という人も多いのでは。

ハンドスピナーのような商品は「卓上おもちゃ」とか「卓上トイ」などと呼ばれていますが、クラウドファンディングサイト大手の『Kickstarter』で、『VORTECON』という“卓上おもちゃ”が9万3767ポンド(約1394万円)と、目標額の2000ポンド(約29万7000万円)を大きく上回る金額を達成して人気を集めています。

VORTECON- Kinetic desk toy with mesmerizing motion
https://www.kickstarter.com/projects/1303595549/vortecon-kinetic-desk-toy-with-mesmerizing-motion

Vortecon- Kinetic Desk Toy(YouTube)
https://youtu.be/dlsjNFrHcKk

直径4.4センチ、高さ3.5センチの小さな円柱型の『VORTECON』は、指でひねってクルクル回すことで、今はあまり見かけなくなった床屋さんのサインポールのような模様(錯視)を映し出します。

『VORTECON』内部にあるベアリングで回転する仕組みになっていて、外側の金属部分はステンレス鋼(Stainless steel)、黄銅(Brass)、銅(Copper)の3種類。重さは、ステンレス鋼が345グラム、黄銅が368グラム、銅が380グラムとなっています。

『VORTECON』を開発した、ラトビア出身で現在英ロンドンにてデザインスタジオを経営する31才のプロダクトデザイナー、Kristoph Krisjans氏(以下、Krisjans氏)に取材しました。

―『VORTECON』開発のきっかけは?

Krisjans氏:日々の生活を楽しくしてくれるモノを創作するのが大好きなのですが、『VORTECON』の原点は私が幼少時によく遊んでいたコマです。『VORTECON』と同じような渦巻き模様のデザインで、回すと同じような目の錯覚(錯視)が起きました。そのコマより高度な金属製のバージョンを作ってみようと思い立ったのがきっかけですね。

―『Kickstarter』で1300万円を超える金額を集められると予想していましたか?

Krisjans氏:想像していませんでした。以前、『Kickstarter』で『MOONDROP』というプロジェクトが成功(12万9243ポンド=約1922万円を獲得)を収めたのですが、『VORTECON』も同じような支持を得ることができて、とても嬉しいです。

1 2次のページ

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

フォローする