CD音質のストリーミング音楽サービス『Deezer HiFi』発表会を開催 GLIM SPANKYによる映像コンテンツ『Deezer Session』公開収録も

2007年にフランス・パリでスタートし、世界185か国で4300万曲以上の楽曲を提供するストリーミング音楽サービス『Deezer』は、2017年12月に日本向けサービス『Deezer HiFi』を開始。3月12日に日本でのローンチイベントを青山・ブルーノート東京で開催しました。

『Deezer HiFi』は、オンキヨー&パイオニアマーケティングとヤマハミュージックジャパンとのパートナーシップにより開始。CD音質である44.1kHz/16bitのFLACフォーマットで、現在3600万曲以上の楽曲を配信しています。アルゴリズムと人力のキュレーションにより、ユーザーに合ったサウンドトラックを自動生成する『Flow』機能が利用できるのも特徴。月額料金は1960円(税込み)。

deezer2

Deezer社 Chief Commercial Officerのゴラン・シャケド氏は、現在日本で展開する音楽サービスについて、“音楽の品質”か“利便性”のどちらかを妥協しなければならなかったと語ります。MP3音質である一方で利便性が高い『Apple Music』と、高音質な一方で、曲数が少ない、ダウンロードしてストレージ容量の確保が必要など、利便性が低いハイレゾ音楽サービスを対象にサービスを比較。『Deezer HiFi』は両者のよいところを合わせ持ち、リーズナブルな料金で利用できるサービスであると主張しました。

deezer3
deezer4
deezer5

CD音質のストリーミングは、PC用のデスクトップアプリと対応デバイスでのみ利用可能。iOS/Android用アプリでは、最適化した音質での提供になります。対応機器として、オンキヨー“rubato”、パイオニア“private”といったポータブルプレーヤー、ヤマハのMusicCast対応機器が紹介されました。今後もパートナーを増やし、CD音質の音楽を多くのファンに届けていく方針とのこと。

deezer6

J-POPやJ-ROCKといった国内の楽曲のカタログも増強していく方針。現地の音楽シーンにも注力し、応援する“ローカルヒーロー”を目指すと語りました。

deezer7

そうした取り組みのひとつが、現地でライブ音源を収録してコンテンツとして提供する“Deezer Session”。この日は、アジア人初の“Deezer Session”としてGLIM SPANKYが出演し、公開収録が行われました。

deezer8

サードシングル『愚か者たち』など8曲を演奏。ライブ映像は後日、『Deezer』を通して全世界に配信されることが決定しています。

GLIM SPANKY Deezer Session LIVE 『愚か者たち』(YouTube)
https://youtu.be/Wsi-tfBKiUk

ちなみに今春には、Fitbitのスマートウォッチ『Fitbit Ionic』向けに、スマートフォンを持たずに楽曲を持ち歩ける『Deezer』アプリの提供が予定されています。『Fitbit Ionic』ユーザーにも注目の音楽サービスとなりそうです。

参考記事:
Fitbit初のスマートウォッチ『Fitbit Ionic』は1月18日発売へ 価格は3万6000円
http://getnews.jp/archives/2006087[リンク]

Deezer – 音楽ストリーミングサービス | Flowを試して、無料で音楽をダウンロードして聴きましょう
https://www.deezer.com/ja/

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

フォローする