【年金問題】年金機構とマイナンバーの情報連携延期へ 一連の問題で


年金の2月支給分で約130万人が所得控除されずに税金を多く取られ、本来より少ない金額が支払われた問題を受け、政府は今月から段階的に運用を始める予定だった日本年金機構と自治体とのマイナンバーの情報連携を当面延期する方針を決めた。また、厚生労働省は20日午後、機構に対して再発防止策を講じるよう指示する。


ソース:https://www.asahi.com/sp/articles/ASL3N349QL3NUTFK007.html

フォローする