枝野「公文書すら改竄する政権は信用できない。憲法改正議論の前提を壊したのは安倍総理だ」


立憲民主党の枝野代表は、憲法改正の議論をめぐり、「公文書すら改ざんする政権は何を言っても信用できない。憲法改正議論の前提を壊したのは安倍総理だ」と批判しました。


ソース:http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3325476.html

フォローする