有村架純の姉・有村藍里 千鳥ノブの雑すぎる対応に「これが姉妹格差か~」と自虐

1月2日放送のテレビ東京『NEO決戦バラエティ キングちゃんSP』で有村藍里が受けた仕打ちを告白した。

番組では、傷ついた友達をなぐさめるために、自分の悲しかったことや恥ずかしかったかった出来事などを打ち明けるというシチュエーションコント「ドラマチック ハートブレイク王」を展開。

芸人に混じり、有村架純の姉である有村藍里(旧芸名・新井ゆうこ)が切ない現状を打ち明けた。

「よくネットで似てるものを指摘されるんだけど」と切り出した有村。「最初は『テラフォーマーズ』のゴキブリ。次に『進撃の巨人』の主人公の母親を食べた巨人。最近はテレ朝のナスDに似てるって。だんだん人間に近づいてきてるからいいんだけどさ」と芸人にも劣らないエピソードを披露。

さらに、「この前、千鳥のノブさん(番組レギュラー)が『NHKで有村架純ちゃんが楽屋に挨拶に来てくれて死ぬ前の夢かと思うくらい嬉しかった』って話してたんだけどさ……」と話し出し、有村藍里も他の番組で千鳥の楽屋に挨拶に行ったときのエピソードを語ると、その時のノブは、寝転がって手に頭を乗せ片ひじをついた状態で「うぃうぃ、うぃ」と応えたと再現。

妹のときとは違う、ノブの雑な対応に「これが姉妹格差かぁ~」と自虐を繰り広げた有村。相方の大悟は、「あいつは挨拶はキッチリ分けるタイプだから。俺もそこだけは見たくねぇところだ」と笑いを誘った。

最後には、「2年前に東スポさんで勝手に有村架純の姉ってバラされて。そのときも売名って叩かれて。芸名から本名の有村藍里に変えたらさらに売名って叩かれるんだけど、どうしたらいいですか?」と悲しい悩みを相談し、見事“ドラマチック ハートブレイク王”に輝いた。

※画像は有村藍里Twitterより

フォローする