【東京新聞】安倍首相「世界一、企業が活躍しやすい国に」


政府は六日にも「働き方」関連法案を閣議決定し、国会に提出する方針だ。労働時間に関する厚生労働省の不適切なデータ処理問題を受け、裁量労働制の対象を拡大する部分は削除するが「残業代ゼロ制度」と批判される高度プロフェッショナル制度(高プロ)の創設は堅持し、今国会での成立を目指す。


ソース:http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201804/CK2018040102000135.html

フォローする