後継ぎ不足、中小企業127万社が後継者ゼロで廃業の恐れ

東京商工リサーチによると、後継者難などで毎年3万件の企業が休業や廃業、解散しているという。

経済産業省によると、この20年で中小企業の経営者の年齢分布は47歳から66歳へ高齢化。2020年ごろには数十万人の「団塊の世代」の経営者が引退時期となる。「中小企業の競争力の源泉は『社長』自身であることが多く、創業者はなおさら。引き継ぐのは簡単ではない」(大手銀行幹部)。少子化や「家業」意識の薄れもあり、後継ぎのめどが立たない企業は多い。

経営者が60歳以上で後継者が決まっていない中小企業は、日本企業の3分の1にあたる127万社に達する。事業が続けられず廃業する企業の半分は黒字とされ、25年ごろまでに650万人分の雇用と22兆円分の国内総生産(GDP)が失われる可能性がある。
以下ソース
https://www.asahi.com/articles/ASL3L14M6L3KULFA00H.html

続きを読む

フォローする